2016年2月10日

アクセルマーク、リッチラボとの
スマートデバイス向けブランド広告領域における戦略的協業に合意
〜自由な広告表現と手軽な広告掲載を同時に実現〜

当リリースはスマートフォンからご覧いただくと、全てのコンテンツをお楽しみいただけます。

スマートデバイス向けブランド広告配信サービス「BRAND SCREEN」(ブランド・スクリーン)を展開するアクセルマーク株式会社(本社:東京都中野区 代表者:尾下 順治 証券コード:3624 以下、アクセルマーク)は、 ヤフー株式会社の子会社であるリッチラボ株式会社(本社:東京都港区 代表者:鈴木 辰顕 以下、リッチラボ)と、 スマートデバイス向けブランド広告の戦略的協業に合意し、本領域における広告の開発、販売を共同で推進することを発表いたします。

リッチラボでは、ページスクロール等、ユーザーがスマートフォンを操作する際の自然な動きに合わせた広告フォーマットを開発し、関連する技術の特許を取得しております。 リッチラボが開発する広告フォーマットはメディアの世界観やユーザー行動を邪魔することなく広告ストーリーを伝えることができるのが特徴です。※1
アクセルマークでは「BRAND SCREEN」を通じ、従来のスマートデバイス広告枠に囚われることなく、表現力豊かな広告を実現し、 広告を掲載するメディアや、その先のユーザーにとって楽しく、斬新な広告クリエーティブをタグ1つで配信しております。

本協業により「BRAND SCREEN」の自由度の高い多彩な広告表現に加え、リッチラボの開発した広告フォーマットを用いた広告も実装可能となるため、 開発コストや手間を抑えつつ、スピーディーに広告主の伝えたいメッセージと、メディアのサイトイメージやユーザー目線に合わせた表現を提供することができます。

「BRAND SCREEN」を利用するメディアは、タグ1つで多様な広告フォーマットの配信、調整が可能になるため、 メディア独自の広告枠の1つとしてメディアへの広告出稿企業に対するブランディング広告ソリューションとしてご利用頂く事も可能になります。

アクセルマークの配信技術と顧客リレーションとリッチラボのクリエーティブや技術力を活かし、 広告出稿企業、メディア、ユーザーの全てにとって価値あるスマートデバイス時代のブランディング広告が配信出来るよう今後も魅力あるサービスの実現に取り組んで参ります。

◼︎BRAND SCREEN x RichLab 広告フォーマットイメージ
※ 下記QRコードからスマートフォンでアクセスして頂くことによりご確認いただけます。

※1 Yahoo! JAPANの代表的なスマートフォン向け広告フォーマットの1つである「プライムウィンドウ」は、 リッチラボ設立前、現在のリッチラボメンバーがYahoo! JAPANで開発し、2014年のグッドデザイン賞を受賞し特許も取得しました。

【本サービスに関するお問い合わせ】
アクセルマーク株式会社 BRAND SCREEN 担当 小宮
TEL: 03-5354-3351 Email: brandscreen@axelmark.net
リッチラボ株式会社
Email: richlab-info@mail.yahoo.co.jp
URL: http://richlab.co.jp/